独立起業―会社設立登記実務記ー

 

独立起業をする前に苦労に耐えてせっかく手に入れ

た安定を捨てて、身の丈にそぐわない収入を焦って

手に入れようとすると、その先に地獄を見る破目が

待ち構えているかもしれません。

 

起業を継続して行けるかどうかは、売上が継続して

有るかどうかに掛かっているのです。

お客様のことを第一に考えて良い商品を作ってみて

も、商品が売れるかどうかは別問題なのです。

 

「最も良い商品が最も売れているわけでもなく、」

「最も売れている商品が最も良い商品と認知されて

いるのです。」

 

独立起業して、業種を何にしろ、商品を何にしろ、

どれを選んだとしても売れるかどうかは分からない

のです。

 

経済産業省「中小企業白書(2005年版)によれば、

起業後の生存率は、 1年後約72%

    〃      3年後約50%

    〃      5年後約40%

    〃     10年後約26%

    〃     20年後約0.3%

 

国税庁統計(個人事業含む2005年版)によれば、

起業後の生存率は、 5年後約15%

    〃     10年後約6.3

    〃     20年後約0.4%

 

理由は ①資金不足。

    ②売上不足。

    ③過剰設備投資。

   できる ④異業種開拓新商品開発失敗。

 

これらにすべき注意点は、

①固定費(人件費・設備投資等)を下げる。

②計画が失敗した時の代替策を用意しておく。

③自分を律する(おごらず・控えめ・節制)

 

起業計画①継続して収入を挙げられる事業か。

     ②稼ぎ続ける「技術・スキル」は熟練して

     るか。

     ③2~3年間稼げなくとも資金は持ち堪え

      られるか。

 

以上を熟慮した上での起業であれば、更に商品を売

り続ける自信が持てるならば、生涯現役で活躍出来

る人生を送ることが叶うかもしれません。

 

 

スポンサーリンク